セルフメディケーション制度のポイントは黒い星マーク

2017年より施行された新たな医療費の控除制度が、セルフメディケーション制度です。
メディアでも取り沙汰されており、聞き覚えのある方が多いかと思います。
要は『市販薬の購入費用に応じて、税を軽減する』制度です。
セルフメディケーション制度が適用される『市販薬の購入費用』とは、『スイッチOTC市販薬の購入費用』です。
ややこしい説明は脇に置きましょう。
具体的には、『ドラッグストアや薬局で市販されている』『〝セルフメディケーション制度 税 控除対象〟という小さなマークがパッケージに記載された』市販薬の購入費用が、この制度の適用対象となります。
もう1つの見分け方としては、レシートの品名の脇に『黒い星のマーク』がついた市販薬が、この制度の対象です。
さらに、セルフメディケーション制度の特徴として「従来の医療費控除よりも、控除の適用を受けられる最低金額が低い」という点があります。
従来の医療費控除が適用されるのは、医療費の年間合計額が「10万円以上」もしくは「(年間所得が200万円未満の場合)所得の5%以上」の場合となっています。
対してセルフメディケーション制度は、年間合計額「1万2千円以上」から控除が適用されます。
大きな病気をされていない方でも、関係のない金額ではありません。
今年から『黒い星のマーク』がついたレシートは捨てずに保管して置きましょう。
年末に税の控除が受けられるかもしれませんよ。