医療の進歩はどんどん進んでいます

現代社会では技術の進歩によって、一昔前だと完治が困難だといわれていたことが可能となっています。
その一例として、がんの治療があげられます。
がんの治療方法としては、抗がん剤や手術の他先進医療があります。
先進医療の中では粒子線治療などがあり、保険外治療となっていますが多くのがんの種類に適合することができます。
もちろん、保険が効かないということは全額自己負担ということになりますが、どんどん技術革新が進むことで費用も抑えられるようになると考えられています。
そして、血液検査をすることで様々な病気を知ることができるという面も、医療の進歩によって実現したといっても過言ではありません。
しかも、検査自体は血を取るだけという点からも、患者さんの負担を減らすことができます。
そして、今後は健康診断で胃カメラなど以外に、カプセル型のカメラを飲むことによって負担が少なく診断ができるようになるともいわれています。
そのため、これが実現できれば、手軽に健康診断ができるようになり、早く病気を発見治療することに繋がります。